GWのおすすめスポット おでかけ お出かけスポット

レゴランド名古屋のアトラクションの身長制限は?2歳以下でも楽しめる?

「レゴランド・ジャパン」が、2017年4月1日に名古屋についにオープンします。

レゴランドジャパンの気になるアトラクションについてご紹介します。

レゴランドは対象年齢2歳から12歳の子供とその家族が1日を思いきり楽しめるテーマパークとなっています。

しかし、遊園地ののりものには年齢や身長の制限がつきもの。

小さいお子様連れのご家族に、当日「乗れる乗り物」を効率よく選べるように、子供の身長制限や年齢制限、付き添いの有無などを調べてみました!

レゴランドジャパン パーク内について

この「レゴランド・ジャパン」は、ディズニーランドやUSJと肩をならべるのではないかと思われるほど、大きなテーマパークです。

レゴに関する室内施設は、東京や大阪にありますが、レゴの屋外施設、テーマパークとよばれる規模のものはこの名古屋の「レゴランド・ジャパン」が日本初です。

先日もお昼の情報番組「ミヤネ屋」を見ていると、ちょうど開園前の「レゴランド・ジャパン」の園内を中継をしていました。
私もレゴが子供の頃から大好きで、中継をワクワクしながら目を凝らして、見ていましたよ。

我が家も年中と2歳の子供がいますが、遊園地に行くと、結構身長制限で乗れない乗り物があります。

特に下の子はまだ100センチになっていないため、泣く泣く諦めたアトラクションは数知れず。

ちなみに、パーク内は異なる7つのテーマによってエリアが分かれています。

ファクトリー

ブリックトピア

アドベンチャー

ナイトキングダム

ミニランド

パイレーツショア

レゴシティ

上記の7つのエリアにそれぞれ色んなアトラクションやレストラン、ショップがあります。

この7つのエリアに40を超える乗り物やショー、アトラクションがあり、子供達が一日中遊べるようになっています。

また、パーク内には1,700万個のレゴブロックと10,000のレゴモデルがあります。

これらのアトラクションの、身長制限や付き添い事情をエリア別に見ていきましょう!

付添者の定義について

レゴランドの公式サイトでは、

精神的、身体的に健康な16歳以上で、単独の利用制限(130センチ)を満たしている方

となっています。

ファクトリー

その名の通り「ファクトリー」=「工場」がテーマになったエリアです。

レゴ・ファクトリー・ツアー

ここでは、レゴ・ファクトリー・ツアーに参加できます。

ツアーなので、もちろん身長制限はなく、100㎝以下のお子さんでも大丈夫です。

このツアーでは、レゴ・ブロックがどうやって作られるのかを見学できます。

ツアーの最後には、なんと工場から出来立てのレゴ・ブロックをプレゼントされるとのこと。

この出来立てというのがうれしいですよね。

あのデコボコしたブロックをどうやって作っているのか、すごく興味があります。

ブリックトピア

ブリック・パーティ

 

何とレゴブロックでできたメリーゴーランド!

身長制限はなく、100㎝以下でも利用できます。

ただし、130㎝未満の方は付き添いが必要とあるので、大人の付き添いが必要です。

カラフルでとてもかわいらしいメリーゴランドです。

子供は絶対興味深々になること間違いなしです。

パークに入ると一番最初に見えるメリーゴーランドです。  
  

ビルド・アンド・テスト

レゴを作って遊ぶアトラクションです。

身長制限はなく、100㎝以下でも利用できます。

少し細かい作業もあるようなので、お子さんよりパパやママが夢中になりそうです。  

名前の通りに、レゴブロックを組み立て、実際に使ってみるアトラクションです。

レゴブロックで車を作って、レースもできるみたいです。
  

  

デュプロR・エクスプレス

 

デュプロの汽車に乗るアトラクションです。

身長制限はなく、100㎝以下でも利用できます。

特に付き添いのが必要でな無いようでなのですが、赤ちゃんや小さいお子さんは、ママやパパと一緒に乗ったほうが安心ですね。

小さな汽車なので、赤ちゃんでも楽しめます。

デュプロ・プレー

デュプロを使って組み立てたりして、自由に遊べるところです。

身長制限はなく、100㎝以下でも利用できます。

よちよちの赤ちゃんでは少し難しいですが、手の力がついてきた2歳くらいのお子さんだと十分組み立てられそうです。

イマジネーション・セレブレーション

森永乳業のPinoとコラボしているコーヒーカップです。

こちらは身長制限があります。

90㎝未満の場合は利用できません。

90㎝以上あれば、利用はできますが、

90㎝以上~130㎝未満の方は付き添いが必要です。

二歳位だと付き添いが必要かもしれません。

くるくる回して、大人もはしゃいじゃいそうですね!
  

レゴ・クリエイティブ・ワークショップ

身長制限はなく、100㎝以下でも利用できます。

組み立てる部品があり、まだ手先が不器用な2~3歳だと少し難しそうですが、4~6歳になると楽しめそうです。

レゴニンジャゴー・ライブ

パペットとプロジェクションマッピングを融合した、ニンジャゴーの世界を体験できます。

身長制限はなく、100㎝以下でも利用できます。

小さなお子さんに人気の忍者は、兄弟姉妹で楽しめそうですね。

キャット・クラウド・バスターズ

 

身長105センチ以下は利用できません。

身長105センチ~130センチまでは付き添いが必要です。

オブザベーション・タワー

 

身長制限はありませんが、

身長130センチまでは付き添いが必要です。

アドベンチャー

カーゴ・エース

これもよく遊園地で見かける飛行機型の乗り物のアトラクションです。

こちらは身長制限があります。

90㎝未満の場合は利用できません。

90㎝以上あれば、利用はできますが、90㎝以上~130㎝未満の方は付き添いが必要です。
  

ロスト・キングダム・アドベンチャー

冒険用のくるまに乗り込んで古代寺院の遺跡を探検できます。

身長制限はなく、100㎝以下でも利用できます。

ただし、130㎝未満の方は付き添いが必要です。

レーザー銃がとっても楽しそう!

ビートル・バウンス

90センチ以下は利用できません。

90センチ~140センチまでが利用できます。

付き添いは不要です。

140センチ以上の方は利用できません。
  

ファラオ・リベンジ

ボールで埋め尽くされたアトラクション。

身長制限はありません。100㎝以下でも利用できます。

ボールは子供は皆大好きですよね。

サブマリン・アドベンチャー

レゴダイバーの一員になって、海底にある秘密の古代遺跡を探検できるアドベンチャーです。

身長制限はなく、100㎝以下でも利用できます。

ただし、130㎝未満の方は付き添いが必要です。

レゴモデル達もでてくるみたいで、大人も十分楽しめそうですね。

スクイッド・サーファー

105センチ以下は利用できません。

105センチ~130センチまでの方は付き添いが必要です。
  

ナイトキングダム

ドラゴン・アプレンティス

ミニ・ローラーコースターです。

こちらは身長制限があります。

90㎝未満の場合は利用できません。

90㎝以上あれば、利用はできますが、90㎝以上~130㎝未満の方は付き添いが必要です。

見た目はかなり傾斜があり、スリル万歳です。
 

マーリン・フライング・マシーン

ペダルをこぐと上に登っていく不思議なアトラクションです。

こちらは身長制限があります。

90㎝未満の場合は利用できません。

90㎝以上あれば、利用はできますが、90㎝以上~130㎝未満の方は付き添いが必要です。

ザ・ドラゴン

105センチ以下は利用できません。

105センチ~130センチの方は付き添いが必要です。

195センチ以上や130キロ以上の方は利用できません。

マリーンチャレンジ

105センチ以下は利用できません。

105センチ~130センチの方は付き添いが必要です。
 
 
  

ミニランド

ここは乗り物ではなく、ジオラマの展示です。

名古屋はもちろん、東京・大阪・京都の景色がすべてレゴで忠実に再現されています。レゴの世界観を感じられること間違いなしです。

お台場のレゴランドでも、ジオラマが話題なるほどリアルな作品です。

なんと、びっくりするのが、使われているレゴブロックが10,496,352個!1千万個以上と聞いても想像できないです。

完成するまでどれくらいの日数がかかったかも気になりますね。

お子さんは少し飽きてしまうかもしれませんが、大人は感激することでしょう。

あと小さなお子さんがいると、ジオラマの中に入ってしまわないか気になりますが、柵が設けてあり、よほどのことがない限り中には入れないと思うので、安心してください。

パイレーツショア

  

アンカー・アウェイ!

これもよく遊園地でみかける、「バイキング」に近い乗り物です。

海賊船が前後左右に動きます。

こちらは身長制限があります。

90㎝未満の場合は利用できません。

90㎝以上あれば、利用はできますが、90㎝以上~130㎝未満の方は付き添いが必要です。

大人の方でも「バイキング」が大好きな方も多いのではないでしょうか?
  

キャスタウェイ・キャンプ

長い滑り台がある公園の遊具のようなものです。

身長制限はなく、100㎝以下でも利用できます。

滑り台が長いので、小さいお子さんは目が離せないですが、子供達は大好きな遊具です。
  

スプラッシュ・バトル

水が出る大砲を使って、海賊たちをねらい撃ちして遊ぶアトラクションです。

こちらは身長制限があります。

90㎝未満の場合は利用できません。

90㎝以上あれば、利用はできますが、90㎝以上~130㎝未満の方は付き添いが必要です。

アンカーアウェイ

90センチ以下は利用できません。

90センチ~130センチの方は付き添いが必要です。
  

  

レゴシティ

シティー・エアポート

レゴの飛行機に乗って、機体が上がったり、下がったりするアトラクションです。

こちらは身長制限があります。

90㎝未満の場合は利用できません。

90㎝以上あれば、利用はできますが、90㎝以上~130㎝未満の方は付き添いが必要です。

自分の操縦で機体が動くのが楽しいですね。
  

コースト・ガード・エイチキュー

水の上で、モーターボートを操縦します。

身長制限はなく、100㎝以下でも利用できます。

ただし、130㎝未満の方は付き添いが必要です。

これは、めちゃくちゃテンションあがりますね!

子供たちにもいい経験になりそうです。

ジュニア・ドライビング・スクール

レゴのとっても可愛いクルマに乗り、本物そっくりのコースで運転できます。

身長制限は特にないですが、対象年齢が設定されています。

対象年齢は3歳~5歳です。
  
  

パレス・シネマ

映画館です。

身長制限はありません、100㎝以下でも利用できます。

特別なメガネをかけて、雨や風の特殊効果を体験できる4Dムービーが観られます。

小さな子はメガネをかけるのが、少し難しいかもしれませんが、雨や風の特殊効果はとても気になりますね。

レスキュー・アカデミー

消防隊員になったつもりで、燃えるビルを消火するアトラクションです。

こちらは身長制限があります。

90㎝未満の場合は利用できません。

90㎝以上あれば、利用はできますが、90㎝以上~130㎝未満の方は付き添いが必要です。

こういった水がでるアトラクションは子供に大人気です。

シティ・エアポート

80センチ以下は利用できません。

80センチ~130センチの方は付き添いが必要です。

ザ・ワーフ

身長制限はなく、100㎝以下でも利用できます。

これも船をモチーフに、子供達が遊べるように階段や滑り台がついています。

まとめ

テーマパークはアトラクションが色々とあり、身長制限があるものが多いイメージがありましたが、レゴランドを実際調べたところ、どの年齢にも配慮し、つくられているパークだと実感しました。
 
作って遊ぶアトラクションは、大人もきっと夢中になること間違いなしです。

大人も子供も飽きさせないようにつくるところは、さすがレゴだなと改めて感じました。

私も是非とも子供を連れていきたなと思いました。


-GWのおすすめスポット, おでかけ, お出かけスポット

Copyright© Every day was great! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.