その他 生活に役立つ情報

ノンケミカルの日焼け止めは本当に安全?紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

紫外線吸収剤入の日焼け止めには害がある、なんて話を耳にしたことはありませんか。

紫外線が気になる季節になりました。

毎年日焼け止めは買っているけれど、なんとなくノンケミカルがいいなんて聞くけど、実はあまり詳しいことはわかっていないという方もいらっしゃいますよね。

そこで今回は日焼け止めに入っている主な日焼け止め成分「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」についてご紹介します!

紫外線吸収剤の特徴

まずは紫外線吸収剤についてです。こちらは名前の通り、化学反応を使って紫外線を吸収することができます。

これによって肌への紫外線の影響を減らす効果があります。

これには主に3つの成分が使われています。

〇t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
UV-A波(長波紫外線)を吸収できる数少ない吸収剤です。UV-A波は肌の奥まで届き、シミやシワの原因となるので、女性にとっては恐ろしいものです。また年間を通してあまり減少しない点や窓ガラスも通り抜けやすいので、油断がなりません。

〇メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
こちらはUV-B波を吸収します。最もよく使われる吸収剤として有名です。UV-B波は肌が赤くなったり、黒くなったりする原因の紫外線です。

〇オキシベンゾン-3
こちらはUV-A波もUV-B波も吸収することのできる成分です。高SPF値に使用されることが多いです。

紫外線吸収剤のメリットとデメリット

次に紫外線吸収剤のメリットとデメリットについてみてみましょう。

まず紫外線吸収剤は、透明で白浮きしないので、使いやすい点がメリットです。また塗り心地もサラっとしていて、汗にも強いのも嬉しい点です。

しかし、紫外線吸収剤は化学反応を使って紫外線を減らすので、人によっては肌が荒れたり、刺激を感じてしまうこともあります。

また、化学反応を起こすことで成分の分子が壊れ、効果が落ちるので、こまめに塗り直さなくてはいけないこともデメリットと言えます。

また紫外線吸収剤はその危険性についても問題視されています。

紫外線吸収剤に含まれている成分には発がん性などの危険性が報告されているため、添加量が制限されています。

ですから、これらの成分が含まれた商品(日焼け止め、化粧下地、ファンデーション)を併用して使用することで制限量を超えてしまう可能性があります。

制限量を大幅に超えてしまうと、皮脂細胞を破壊してシミやシワの原因になると言われています。

よって使用する際はその危険性を理解し、制限量を超えないように注意しましょう。

紫外線散乱剤の特徴

紫外線散乱剤は粒子(主に白色顔料)を使って紫外線を反射、散乱させることで紫外線の影響を減らすことができます。

この粒子には主に2つの成分が使われています。

〇二酸化チタン(酸化メチル)
イルメナイトというチタン鉄鉱を砕いて作られています。光を反射する力を持っています。

〇酸化亜鉛
亜鉛を酸化させて作る粉末です。紫外線を反射することができる特徴があります。

紫外線散乱剤のメリットとデメリット

紫外線散乱剤の最大のメリットは肌への負担が少ないという点です。

有機化合物の使用がないので、「ノンケミカル」と書かれている商品が多いです。

また化学反応を起こす吸収剤と違い、塗り直しがそれほど必要でない点もメリットです。

その一方で、塗り心地がベタついたり、白浮きしやすい点がデメリットとして挙げられます。

また汗で流れてしまうと効果がなくなってしまいますので、塗り直しが必要になります。

賢く使い分けよう!

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の特徴やメリット、デメリットについてご紹介しましたが、じゃあどちらを買ったらいいの?という疑問が生まれますよね。

どちらがより優れているというのは言い切れませんが、紫外線吸収剤を含む日焼け止めが人気であることは確かです。

しかし紫外線散乱剤が劣っているとは一概には言えません。

肌への負担が心配な方は、時と場合によって使い分けるのもオススメです。

また近年では研究が進み、刺激の少ない紫外線吸収剤を使用した日焼け止めや、ナノ粒子を使用することによって白浮きしにくい日焼け止めもあるようですよ。

それぞれの主要商品は?

ここまで理解してくると、よく見かけるあの日焼け止めはどちらのタイプなのか!?

気になりますよね。そこで一部ではありますが、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤を含むそれぞれの日焼け止めをご紹介します。

紫外線吸収剤を含む日焼け止め

〇ALLIEエクストラUVジェル(ミネラルモイストネオ)/カネボウ化粧品
ジェルなのに汗や水にも強い特徴があります。スキンフィット技術により、毛穴の凹凸にフィットしてムラやけも防止してくれます。

〇アネッサ エッセンスUVアクアブースター/資生堂
汗や水に触れると紫外線をブロックする膜が強くなる、アクアブースター技術を取り入れています。ウォータープルーフですが、せっけんで落とすことができます。

〇コパトーン パーフェクトUVカットミルク/大正製薬
こちらは紫外線による肌への焼け方によってタイプが4種類あり、自分に合った日焼け止めを選ぶことが出来ます。

紫外線散乱剤を含む日焼け止め

〇キュレル UVローションSPF50+/花王
紫外線による肌ダメージ防止成分、うるおい成分が配合されたアルコールフリーの日焼け止めです。

〇ニベアサン プロテクトウォーターミルクマイルドSPF50+/花王
ヒアルロン酸を配合し、スーっとのびるので、使い心地もよい日焼け止めです。

〇ユースキンS UVミルクSPF25 PA++/ユースキン製薬
こちらはこどもでも使用することのできる日焼け止めです。無香料、無着色、弱酸性です。

〇ホワイティシモUVブロックミルキーフルイド/POLA
3D-UVカットベールを配合し、従来品よりも肌に均一に成分をのせられるようになったので、紫外線散乱剤を40パーセントもカットしています。

納得できる日焼け止めを選ぼう!

紫外線吸収剤は優秀な日焼け止めである一方、その成分には気をつけなくてはならない点もあります。

紫外線散乱剤は肌への負担は少ない分、使用感に多少なりのクセがあります。

どちらがいいとは言い切れませんが、上手に使い分ければ紫外線対策をしつつ、肌へのダメージも少なくできます。

自分に合った日焼け止めを探してみるのもいいですね!


-その他, 生活に役立つ情報

Copyright© Every day was great! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.